(東)夏場所ワンダー番付表(西)H13年7月1日〜31日
溝口浩 
倉治秀和
磯部和枝
美濃良夫
藤本邦博
坂本多美子
森山兼一
園山和美
阪本綾子
久保優美子
秋月精華
藤岡静
片上晃
松岡廣行
堀川芳広
生田千草
下口初子
植田修子
村田幸三
石井忠夫
三苫千栄
長田祥典
島崎奉子
東村浩
筒井政人
尾車

まあちゃん
クラブ弘子
一希
ちあき
手満里
沙織
手満里
MACTWIST
屋台
屋台
手満里
ちあき
ほりかわ
キャリア
来来
ジジ
沢口梨々子
堺センイ
河本工業
長田工業
MLIT
みお
クラブ弘子
横綱
横綱
大関
大関
関脇
関脇
関脇
小結
小結
小結
前1
前2
前3
前4
前5
前6
前7
前8
前9
前10
前11
前12
前13
前14
前15
上野久代

久保新次

高槻昭
高橋郁夫
和泉渉
下口義宣
木谷明星
布施孝次
永田美佐
高津聖
橋本仁郎
田中住子
小椋恒夫
阪本優子
松本正
原田恭司
山下顕一
村瀬恵子
嶋田眞義
矢倉幸治
和田孝一
武田忠博
仲田正和
屋台

MACTWIST

アトリエ高槻
大浜組

来来
手満里
松竹梅
ゲッツイ
MACTWIST
Jhonny
手満里
にいちゃん
手満里
まつ本
大浜組
クラブ弘子
屋台
プリモ
大浜組
屋台
アンチ巨人
手満里
溝口関無敵の16連勝。部屋数:手満里が1位(8月)
溝口関(尾車部屋)今場所も絶好調、ダントツの16連勝。
上野関(屋台部屋)は連日の努力が実を結び、初の横綱に。
倉治関(鯨部屋)は先々場所横綱、先場所大関、今場所横綱とエレベーター。
磯部関(まあちゃん)は高得点を出し、大関返り咲き。久保関(MACTWIST)は休場明けの先場所
が関脇、そして今回は大関に。美濃関(クラブ弘子)は高得点を叩き出し、1日の挑戦で初大関に。
藤本関
(一希)は初大関の先場所より、1つダウンの関脇に。高槻関(アトリエ高槻)は踏ん張り、
関脇。阪本関(ちあき部屋)は4場所続いた大関から一歩後退。高橋関(大浜組)は順調に点数を
重ね関脇。森山関(手満里)と和泉関(堺部屋)は高得点を出し、初の関脇。
【横綱3、大関3、関脇6、小結6、前頭30、計48名】
部屋数では手満里が6名輩出して3場所連続首位。屋台が5名を輩出し2位に。MACTWIST、
クラブ弘子、大浜組
、は共に3名で3位。
(東)長月場所ワンダー番付表(西)H13年8月1日〜31日
上野久代
倉治秀和
坂本多美子
藤岡静
園山和美
向坂直恭
濱本淳
植田修子
高槻昭
出原満
松岡廣行
石井忠夫
戸田美佐子
辻村晃一
布施孝次
松本正
吉田美智代
松原雪枝
田原直樹
窪田浩
江口一豊
門田篤志
ひさみつ

ちあき
ひさみつ
沙織
ひさみつ
大浜組
ジジ
アトリエ高槻
ひさみつ
ちあき
堺センイ
ひさみつ
ひさみつ
松竹梅
まつ本
裕也
手満里
住之江
澪香命
住之江
ひさみつ
横綱
横綱
大関
関脇
関脇
小結
小結
小結
前1
前2
前3
前4
前5
前6
前7
前8
前9
前10
前11
前12
前13
前14
溝口浩 

久保新次
高橋郁夫
立野真由美
上久保泰子
阪本優子
中西流美子
村田幸三
磯部和枝
豊田久子
秋月精華
和泉渉
嶋田眞義
森下美根子
宗和雅之
阪本綾子
多賀井進
小椋恒夫
中平保
西川猛
尾車

MACTWIST
大浜組
将真
ひさみつ
手満里
裕也
沢口梨々子
まあちゃん
くにお
ひさみつ

プリモ
雄二
格子柄組
手満里
住之江
にいちゃん
住之江
住之江
上野関驚異の初優勝。部屋数:ひさみつが快進撃トップ(9月)
上野関(ひさみつ部屋)は部屋名を一新。部屋頭として役割を存分に発揮。徐々に地力をつけ、
後半には初の100点を出すなど、新ワンダー番付史上最高の117ポイントを出し、二人の強豪に
圧倒的な差をつけ、初優勝を果たした。
溝口関(尾車部屋)は絶不調で倉治関の後塵を拝していたが最終日に粘りをみせ、なんとか2位
になった。倉治関(鯨部屋)は出場第2日目で横綱をゲット。優勝を予想されていたが、「ウサギ
とカメ」の「ウサギ」になり、後半手を抜いて3位に。
阪本関(ちあき部屋)は順調に得点を重ね、大関に返り咲いた。
久保関(MACTWIST)は大関復帰の先場所に続いて今場所も定位置に。
藤岡関
(ひさみつ)は高得点を連発し初の関脇。ひさみつ部屋の快進撃の一端を担った。
高橋関(大浜組)は元大関の力を発揮したが、出場回数が不足し関脇。立野関(将真部屋)は
3ヶ月ぶり、園山関(沙織部屋)は7ヶ月ぶりの関脇。
【横綱3、大関2、関脇4、小結6、前頭27、計42名】
部屋数ではひさみつが1横綱、1関脇、2小結など史上最高の9名輩出。驚異の快進撃で
堂々の首位。初登場の住之江が5名を輩出し2位に。手満里は共に3名で3位。
(東)秋場所ワンダー番付表(西)H13年9月1日〜30日
上野久代
磯部和枝
久保新次
向坂直恭
秋月精華
高槻昭
東城のぶ子
下口初子
下口義宣
高橋郁夫
佐藤公彦
中西流美子
村田幸三
平山淳子
石井忠夫
中田和行
松本正
水野寿代
竹馬麻衣子
永友克実
小谷ふさえ
ひさみつ
まあちゃん
MACTWIST
ひさみつ
ひさみつ
アトリエ高槻
のぶき
来来
来来
大浜組
手満里
裕也
沢口梨々子
寿
堺センイ
こんばんわ
まつ本
寿
コパーナ
内藤カブス
ひさみつ
横綱
大関
大関
大関
関脇
関脇
小結
小結
小結
前1
前2
前3
前4
前5
前6
前7
前8
前9
前10
前11
前12
溝口浩 
藤岡静
園山和美
倉治秀和
尾上武司
山岡秀昭
阪上大輔
橋本仁郎
坂本多美子
岡山幸生
松岡廣行
田中秀樹
西村浩
出原満
藤本邦博
米田浩幸
村上孝之
浅井一郎
秦将輝
吉本良一
若林昭雄
尾車
コパーナ
沙織

ひさみつ
コパーナ
手満里
JOHNNY
ちあき
内藤カブス
ちあき
コパーナ
大浜組
ひさみつ
一希
ひさみつ
MICHAEL
どんぐり
ひさみつ
よしだ
ひさみつ
上野関実力の連続優勝。部屋数:ひさみつが連続トップ(10月)
上野関(ひさみつ部屋)は今場所も地道にポイントを重ね、後半には二度目の100点を出す
など、先場所に続き、ハイレベルの116ポイントを出し、連続優勝を果たした。
溝口関(尾車部屋)は先場所の二の舞を踏むまいと、体調維持に注意を払いながら挑戦、
100点を5回出すなど周囲を圧倒したが、出場回数で及ばず、75ポイントで2位に甘んじた。
磯部関(まあちゃん部屋)は高得点を連発し、夏場所以来2ヶ月ぶり、10度目のの大関に。
藤岡関(コパーナ部屋)はひさみつ部屋から部屋換えを。ハッスルして高得点を連発し初大関。
久保関(MACTWIST)は100点、95点とレベルの高い得点を出し、定位置の大関に。
園山関(沙織部屋)は地力がついてきたのか、高得点が続出。念願の初大関に。
向阪関(ひさみつ部屋)も研究の成果があがり、初大関に。今後の活躍が楽しみな若手新人。
倉治関(鯨部屋)は今場所、力を抜いて大関に陥落。
秋月関(ひさみつ)ははつの90点台を出すなどに得点を初の関脇に。尾上関(ひさみつ)と
山岡関(コパーナ)は共にワンダー番付初挑戦で関脇の座を獲得。高槻関(アトリエ高槻)
は夏場所以来、8度目の関脇。
【横綱2、大関6、関脇4、小結6、前頭24、計42名】
部屋数ではひさみつが1横綱、1大関、2関脇、など先場所に続き9名輩出。驚快進撃を維持し、
堂々の首位。初登場のコパーナが4名を輩出し2位に。後は振るわず。
(東)霜場所ワンダー番付表(西)H13年10月1日〜31日
溝口浩
倉治秀和
久保新次
中澤百合子
藤本邦博
園山和美
吉水純一
永織雅章
若林昭雄
矢倉幸治
金子真生
高槻昭
岸栄子
石井忠夫
坂井義法
久恒良之
松本正
足立裕幸
増野涼子
久住哲也
森山兼一
出原満
村田幸三
大中ひろ子
杉江英典
壷崎勝也
尾車

MACTWIST
ひさみつ
一希
沙織
ひさみつ
美羽
ひさみつ
大浜組
ひさみつ
アトリエ高槻
プチトマト
堺センイ
メルファム
日住
まつ本
ひさみつ
まさやん
ぴあの
手満里
ひさみつ
沢口梨々子
やしろ
大浜組
1080
横綱
横綱
大関
関脇
関脇
関脇
小結
小結
小結
小結
前1
前2
前3
前4
前5
前6
前7
前8
前9
前10
前11
前12
前13
前14
前15
前16
上野久代 
向坂直恭

坂本多美子
高橋郁夫
尾上武司
東城のぶ子
森本障吾
黒田宗宏

南聡
長山永司
武田忠博
秋月精華
下口初子
松岡廣行
山岡秀昭
和泉渉
山本優子
田中秀樹
植田修子
大中宏良
戸田美佐子
宮田康広
濱本淳
山本正
ひさみつ
ぴあの

ちあき
大浜組
ひさみつ
ぴあの
メルファム
千尋

あや
かやしま
アンチ巨人
ひさみつ
来来
ちあき
コパーナ

かやしま
コパーナ
ジジ
やしろ
ぴあの
やしろ
大浜組
ひさみつ
溝口関執念の逆転優勝。横綱4人。部屋数:ひさみつが3連続トップ(11月)
溝口関(尾車部屋)は今場所気合が入いり、前半から飛ばした。常にトップを走っていたが、
中盤に上野関に逆転され、20ポイントもリードされた。しかし、終盤に100点を4回出すなど、
執念をみせ再逆転し優勝。新ワンダー史上最高の1場所141ポイント、100点10回を記録。
上野関(ひさみつ部屋)は今場所も地道にポイントを重ね、後半には一度トップに踊り出た
ものの溝口関の執ような反撃に遭い、優勝を逃した。ハイレベルの106ポイントを出した。
倉治関(鯨部屋)はコツコツと高得点を出し、長月場所以来2ヶ月ぶり、横綱に。
向坂関(ぴあの部屋)はコツを覚えたのか、高得点を連発し初の横綱に。
久保関(MACTWIST)は100点、97点2回、96点などを出し、定位置の大関に。
中澤関(ひさみつ)は久々のチャレンジで初関脇に。坂本関(ちあき)は先場所体調を崩し、
大関から小結に転落していたが、1ランク戻して関脇に。藤本関(一希)も先々場所の大関か
ら前頭→関脇とやや取り戻した。高橋関(大浜組)は出場回数が減ったにもかかわらず、実
力で関脇に。園山関(沙織)は先場所の大関から1ランクダウンで関脇。尾上関(ひさみつ)
は先場所、初挑戦で関脇の座を獲得、今場所も堅持した。
【横綱4、大関1、関脇6、小結7、前頭32名、計50名】
部屋数ではひさみつが1横綱、2関脇、2小結など先場所を上回り10名輩出。堂々の首位を
キープ。かつての大部屋、大浜組が4名を輩出し2位に。初登場のぴあのも4名を出し2位。
やしろは3名で4位に初登場。
(東)冬場所ワンダー番付表(西)H13年11月1日〜30日
溝口浩
磯部和枝
倉治秀和
久保新次
坂本多美子
園山和美
高橋郁夫
吉水純一
森中俊弥
西田かずよ
藤岡静
秋月精華
高槻昭
松岡廣行
湯元奈緒子
森中達弥
嶋田眞義
阪本満里子
坂上大輔
村田かつえ
平野淳子
増野涼子
石井忠夫
矢倉幸治
花里和宏
結城亜矢
村上靖人
尾車
うーちゃん

AZARASHI
ちあき
沙織
大浜組
ひさみつ
FUSUKE
愛子
コパーナ
ひさみつ
アトリエ高槻
ちあき
ぴあの
S-MX
プリモ
手満里
手満里
青い鳥
愛子
まさやん
堺センイ
大浜組
サイガ
愛梨沙
サイガ
横綱
横綱
横綱
大関
大関
関脇
関脇
小結
小結
小結
前1
前2
前3
前4
前5
前6
前7
前8
前9
前10
前11
前12
前13
前14
前15
前16
前17
上野久代
向坂直恭

東城のぶ子

村田幸三
藤本邦博
阪本優子
高津聖
中澤百合子
植田優子
木谷明星
巽幸一
田中秀樹
横川悦子
植田修子
濱本淳
田中住子
桐原洋子
正井豊美
高槻ゆき
出原満
芝田ひとみ
山本正
長山永司
梶川明子
ひさみつ
ぴあの

ぴあの

沢口梨々子
一希
手満里
AZARASHI
ひさみつ
ジジ
手満里
片岡組
コパーナ
春帆
ジジ
大浜組
手満里
青い鳥
AZARASHI
手満里
ひさみつ
手満里
ひさみつ
かやしま
希串坊
溝口関リード守り連続優勝。横綱最高の5人。部屋数:手満里返り咲きトップ(12月)
溝口関(尾車部屋)は今場所も前半から飛ばし、常にトップを走る。後半欠場もリードを守り、
連続優勝を果たす。
上野関(ひさみつ部屋)はスローペースの滑り出しながらも、徐々に溝口関を追い詰め、あと
わずかの得点が足らず、逆転する事は出来なかった。
磯部関(うーちゃん部屋)は自己最多の46ポイントを稼ぎ出し、初の横綱になった。
向坂関(ぴあの部屋)今場所も自己最高の98点を出すなど高得点を連発し、連続の横綱に。
倉治関(鯨部屋)は序盤に横綱のポイントを取得したが、後半手を抜き5番手の横綱に。
久保関(AZARASHI)は相変わらず高得点を叩き出し、5場所連続の大関に。
東条関(ぴあの)は2度目の出場で初の大関に。荒削りだが素質がいい。
坂本関
(ちあき)はしばらく体調を崩し低迷していたが、今場所は本領を発揮し、3ヶ月ぶりの
大関復帰を果たす。
園山関(沙織)は順調に得点を重ね連続の関脇に。村田関(沢口梨々子)は5ヶ月ぶりに関
脇復帰。高橋関(大浜組)と藤本関(一希)は地道に得点を重ね連続の関脇。
【横綱5、大関3、関脇4、小結6、前頭33名、計51名】
部屋数では手満里が7名輩出して久々のトップ返り咲き。ひさみつは6名で辛くも首位を逃し
た。かつての大部屋・大浜組、先場所2位のぴあの、MACTWIST改めAZARASHIが共に3
名を輩出し3位になった。
(東)初場所ワンダー番付表(西)H13年12月1日〜29日
溝口浩
久保新次
向坂直恭
磯部和枝
高橋郁夫
坂本多美子
村田幸三
藤本邦博
田中秀樹
生駒和俊
木谷明星
吉岡美穂
松本正
植田修子
小宮良太
山岡秀昭
尾上武司
高津聖
松岡廣行
秋月精華
佐藤良子
濱本淳
出原満
森中俊弥
中野祐子
尾車
AZARASHI
ぴあの
うーちゃん
大浜組
ちあき
沢口梨々子
一希
コパーナ
ぴあの
手満里
SWAT
まつ本
ジジ
JAS
コパーナ
ひさみつ
AZARASHI
ちあき
ひさみつ
かれん
大浜組
ひさみつ
FUSUKE
百舌鳥
横綱
横綱
横綱
大関
関脇
関脇
関脇
小結
小結
小結
前1
前2
前3
前4
前5
前6
前7
前8
前9
前10
前11
前12
前13
前14
前15
上野久代 
倉治秀和


藤岡静
東城のぶ子
岩田潤
島崎奉子
高槻昭
園山和美
阪本綾子
成瀬朋一
高槻ゆき
小川親
嶋田眞義
中澤百合子
足立裕幸
吉水純一
下口初子
久住哲也
中野恵美子
矢倉幸治
上田聡
石井忠夫
太田慶子
ひさみつ



コパーナ
ぴあの
ぴあの
MLTI
アトリエ高槻
沙織
手満里
井坂組
手満里
まな
プリモ
ひさみつ
ひさみつ
ひさみつ
来来
ぴあの
百舌鳥
大浜組
手満里
堺センイ
おけい
溝口関辛くも逆転優勝。横綱今場所も5人。部屋数:ひさみつ返り咲きトップ(1月)
溝口関(尾車部屋)は今場所不調で終盤まで倉治関にリードを許し、上野関にも僅かのと
ころ迄迫られ優勝が危ぶまれたが、最後に持てる力を出し切りかろうじて逆転優勝をした。
上野関(ひさみつ部屋)は今場所もスローな滑り出しながらも、徐々に溝口関を追い詰めた
が、あと一歩得点が足らず優勝を逃した。
久保関(MACTWIST)が不調の溝口関を尻目に100点を連発するなど、絶好調で初の横綱
となった。一場所100点3回は初めて。
倉治関(鯨部屋)は今場所も序盤トップで横綱のポイントを取得たが、後半続かなかった。
向坂関(ぴあの部屋)今場所も高得点を連発し、3場所連続の横綱に。
磯部関(うーちゃん部屋)は多数のポイントを稼ぎ出したが、横綱までもう一歩だった。
高橋関(大浜組)は得意の曲で高得点を連発し関脇。藤岡関(コパーナ)は地道に得点を重
ね返り咲き関脇。坂本関(ちあき)は先場所大関復帰したが今回は関脇。東条関(ぴあの)
も先場所の大関から関脇にダウン。村田関(沢口梨々子)は関脇復帰した先場所に続く。
岩田関(ぴあの)は初出場で高得点を重ね関脇に。
【横綱5、大関1、関脇6、小結6、前頭30名、計48名】
部屋数ではひさみつが7名輩出してトップ返り咲き。ぴあのは5名で2位。先場所1位の
手満里
は4名で3位。大浜組コパーナは共に3名を輩出し4位になった。
(東)如月場所ワンダー番付表(西)H14年1月3日〜30日
倉治秀和
上野久代 
村上理恵
向坂直恭
高橋郁夫
坂本多美子
中野恵美子
田中秀樹
嶋田眞義
園山和美
水野滋雄
久住哲也
浜地和哉
高槻昭
秋月精華
濱本淳
桐原洋子
宮田康広
萩原さくら
佐藤良子
山本浩二
出原満
勝美ゆかり
今幾田建

ひさみつI
隆一朗
ぴあの
大浜組
ちあき
百舌鳥
コパーナ
プリモ
沙織
ぴあの
ぴあの
カジカジ
アトリエ高槻
ひさみつ
大浜組
青い鳥
ヤシロ
Sakura
ぴあの
みん
ひさみつ
ますじ
中部
横綱
大関
大関
大関
関脇
関脇
関脇
小結
小結
前1
前2
前3
前4
前5
前6
前7
前8
前9
前10
前11
前12
前13
前14
前15
溝口浩
久保新次
磯部和枝
藤岡静
山岡秀昭
岩倉潤

森下美根子
板谷光雄
井川満裕
横川悦子
大中宏良
水野寿代
北原みゆき
植田修子
村田幸三
松岡廣行
村上雅人
根崎英子
杉浦広美
山川良一
坂本初子
村上悦子
山友香代子
尾車
AZARASH
うーちゃん
コパーナ
コパーナ
ぴあの

雄二
ぴあにすと
百舌鳥
えっちゃん
ヤシロ
寿
みん
ジジ
沢口梨々子
ちあき
隆一朗
ぴあにすと
吹田
ひさみつ
ひさみつ
隆一朗
ゆうや
倉治関久々の優勝。部屋数:ひさみつ連続トップ(2月)
倉治関(鯨部屋)は毎度のごとく序盤トップで横綱のポイントを取得、今場所は後半まで好調
を維持し、平成12年春場所以来の3度目の優勝を果たした。
溝口関(尾車部屋)は今場所は絶不調で後半に優勝を断念し、倉治関に賜杯を譲った。
上野関(ひさみつ部屋)は今場所は風邪の影響で思うようにポイントを稼ぐ事が出来ず、
6ヶ月続いた横綱の座を明渡した。
久保関(AZARASHI)は100点を1度出したが、後が続かず先場所の横綱から大関に陥落。
村上関(隆一朗部屋)は初出場ながら100点を出すなど高得点を連発し、大関になった。
磯部関(うーちゃん部屋)はコツコツポイントを稼ぎ、先場所に続き大関の座を射止める。
向坂関(ぴあの部屋)今場所は順調な出足も後半に休場し、大関にランクダウン。
藤岡関(コパーナ)は実力の持ち主で、歌うたびに高得点を出し、1日の挑戦で大関に。
高橋関(大浜組)は得点を重ね指定席の関脇。山岡関(コパーナ)は地道に得点を重
ね初の関脇。坂本関(ちあき)は大関経験者だが今場所も関脇。岩倉関(ぴあの)は初出
場の先場所に続き連続の関脇に。中野関(百舌鳥)は初の関脇。
【横綱2、大関6、関脇5、小結4、前頭30名、計47名】
部屋数ではひさみつが5名輩出、連続のトップ。ぴあのは4名で2位。先場所4位の
コパーナ
は3名を輩出し3位。初登場の隆一朗も家族で頑張り3名で同率3位になった。
(東)弥生場所ワンダー番付表(西)H14年2月1日〜28日
溝口浩
上野久代 
久保新次
藤岡静
井元真一
園山和美
村上理恵
大石春美
阪本綾子
西尾仁樹
北原みゆき
高橋郁夫
伊達千恵子
熊取谷太一
坂本多美子
早川隆
植田修子
阪本満里子
出口豊
藤本邦博
坂上大輔
秋月精華
指宿伸治
石井忠夫
横川悦子
高橋成能
村上悦子
吉水純一
足立裕幸
橋本住子
尾車
ひさみつ
AZARASHI
コパーナ
ぴんく
沙織
隆一朗

手満里
あき
みん
大浜組
しょうの介
カツヨシ
ちあき
ジオ
ジジ
手満里
グランドB
一希
手満里
ひさみつ
セカンド
堺センイ
えっちゃん

隆一朗
ひさみつ
ひさみつ
手満里
横綱
横綱
大関
関脇
関脇
関脇
小結
小結
小結
小結
小結
前1
前2
前3
前4
前5
前6
前7
前8
前9
前10
前11
前12
前13
前14
前15
前16
前17
前18
前19
倉治秀和

阪本優子
蔡暁帆
高田健二
門田篤志
武田忠博
濱本淳
村田幸三
高槻昭
高木俊秀
高津聖
松原雪枝
吉田光代
田中秀樹
山岡秀昭
勝美成信
津川初子
村田かつえ
松岡廣行
岡直美
伊野憲司
中島美智代
勝美ゆかり
玉田正道
森亜津子
上田聡
山川良一
東野敏子


手満里
手満里
6年7組
ひさみつ
アンチ巨人
大浜組
沢口梨々子
アトリエ高槻
ねこマジン
AZARASH
手満里
明子
シティ
シティ
cook
手満里
青い鳥
ちあき
手満里
ひさみつ
cat’s
cook
ひさみつ
せきぴ〜
手満里
ひさみつ
ひさみつ

溝口関執念のV!部屋数:手満里過去最高でトップ(3月)
溝口関(尾車部屋)は倉治関の連続優勝阻止の為に序盤からとばし、常に首位をキープ。
そのまま賜杯を手にした。
倉治関(鯨部屋)は先場所のフィーバーから一転、マイペースでトライした。優勝を溝口関
に譲ったもののきっちり横綱の座をキープした。
上野関(ひさみつ部屋)。コツコツとポイントを重ねた今場所、最終日のふんばりでかろうじ
て横綱になった。
久保関(AZARASHI)は今場所も100点を出したが、横綱のポイントまで及ばず大関に。
阪本関(手満里)も久々に100点を出すなど高得点を連発し、昨年6月以来の大関に。
藤岡関(コパーナ)は先場所の大関から関脇に1ランクダウン。蔡関(手満里)と井元関
(ぴんく)は得点を重ね久々の関脇。高田関(6年7組)はマレーシアからの一時帰国中で
10ヶ月ぶりに挑戦し、定位置の関脇に。園山関(沙織)は関脇と小結を行ったり来たりで、
今場所は関脇に。門田関(ひさみつ)は初の関脇。
【横綱3、大関2、関脇6、小結10、前頭37名、計58名】
部屋数では手満里が過去最高の10名を輩出、久々のトップに。ひさみつは9名と多数輩
出したが惜しくも2位。今場所は2大勢力におされ、他の部屋が伸び悩んだ。
(東)春場所ワンダー番付表(西)H14年3月1日〜31日
溝口浩
上野久代 
嶋田眞義
高槻昭
出口豊
阪本優子
大石春美
村上理恵
井元真一
秋月精華
阪本綾子
勝美成信
松原雪枝
浅田博之
阪井一利
園山和美
坂口久美子
小谷ふさえ
樽田春美
尾車
ひさみつ
プリモ
アトリエ高槻
グランドB
手満里

隆一朗
ぴんく
ひさみつ
手満里
cook
手満里
HUG

沙織
のりこ
ひさみつ
横綱
大関
関脇
関脇
関脇
小結
小結
小結
小結
前1
前2
前3
前4
前5
前6
前7
前8
前9
前10
倉治秀和
磯部和枝
高橋郁夫
藤岡静

酒井恵美
濱本淳
勝美ゆかり
坂本多美子
松岡廣行
操上秀夫
植田修子
小椋恒夫
坂口富太郎
北出恵子
石井忠夫
村田幸三
島須美乃
阪上大輔

うーちゃん
大浜組
コパーナ

裕くん
大浜組
cook
ちあき
ちあき
奈央
ジジ
にいちゃん
のりこ

堺センイ
沢口梨々子
ねえちゃん
手満里
溝口関大差で優勝!部屋数:手満里連続トップ(4月)
溝口関(尾車部屋)は中盤からの出場でいきなり100点を出すなど絶好調。序盤に倉治関にリー
ドも許すもきっちり逆転し、2位以下を大きく引き離し大差で優勝を果たした。
倉治関(鯨部屋)は序盤に横綱の座をキープ、トップを走っていたが、中盤からは溝口関の攻勢に
遭い、優勝を逃した。
上野関(ひさみつ部屋)。今場所もコツコツとポイントを重ねたが、後半の追い込みが甘く、横綱に
は及ばなかった。
磯部関(うーちゃん部屋)は90点以上をかなり出し、2ヶ月ぶりの大関に。
嶋田関(プリモ)は95、96点を出すなど高得点を出し、初めての関脇の座を獲得した。
高橋関(大浜組)と高槻関(アトリエ高槻)は関脇返り咲き。
藤岡関(コパーナ)は2場所連続の関脇。出口関(グランドB)は出場3年目にして初めて関脇に
なった。
今場所は機械の故障で終盤19日からワンダー番付が使えなくなり、参加者数が大幅に減った。
【横綱2、大関2、関脇5、小結8、前頭20名、計37名】
部屋数では手満里が4名を輩出連続トップ。大所帯だったひさみつが大幅に減らし3名、
初エントリーのが3名と同数2位。今場所は機械の故障で他の部屋も増やせなかった。
(東)皐月場所ワンダー番付表(西)H14年4月1日〜30日
溝口浩
磯部和枝
高橋郁夫
阪本優子
坂中しづよ
高槻昭
園山和美
上原正行
矢倉幸治
植田修子
松原雪枝
尾上武司
秋月精華
阪本綾子
橋本憲
濱本淳
浅田春美
尾車
うーちゃん
大浜組
手満里
しづよ
アトリエ高槻
沙織
マサユキ
大浜組
ジジ
手満里
ひさみつ
ひさみつ
手満里
りんご
大浜組
BIG
横綱
大関
関脇
関脇
小結
小結
前1
前2
前3
前4
前5
前6
前7
前8
前9
前10
前11
倉治秀和

出口豊
北之馬邦子
坂本多美子
上野久代 
蔡暁帆
嶋田眞義
村田幸三
足立裕幸
下口義宣
武田忠博
木谷明星
松下美代
松岡廣行
大池秀美
北原清子


きゃばくら
つぼみ
ちあき
ひさみつ
ちあき
プリモ
沢口梨々子
ひさみつ
来来
アンチ巨人
手満里
すし久
ちあき
ひよこ
住之江
溝口関大差で優勝!部屋数:手満里とひさみつが同率首位(5月)
溝口関(尾車部屋)今場所は採点機の故障で番付消滅を残念がっていたが、再開と聞いた時、
一番喜んで下さった横綱は、水を得た魚の様に唄いまくり、高得点を連発、賜杯を獲得した。
磯部関(うーちゃん部屋)は高得点を連発し、2場所連続の大関に。
倉治関(鯨部屋)も番付再開を祝福してくれた一人で、快く番付のレースに参加、順調にポイント
を稼ぎ、横綱の座をキープした。
高橋関(大浜組)は先場所に続き関脇の座を確保。出口関(きゃばくら)は部屋名を改めハッス
ルし、関脇になる。阪本関(手満里部屋)は弥生場所大関、春場所小結、今場所関脇と三役を
往来。北之馬関(つぼみ)は初挑戦ながら高得点を出し関脇になった。
今場所も機械の故障で序盤のワンダー番付使用不能の影響を受け、参加者数が大幅に減少。
【横綱2、大関1、関脇4、小結4、前頭22名、計33名】
部屋数では手満里ひさみつが共に4名を輩出し、同率首位。かつての大部屋大浜組と新興
勢力のちあきが共に3名で同数3位。今場所も機械の故障の影響を受けた。
(東)夏場所ワンダー番付表(西)H14年5月1日〜31日
倉治秀和
阪本優子
高橋郁夫
村上理恵
植田修子
濱本淳
高槻昭
吉和好美
松原雪枝
酒井つきみ
河田豊
武田忠博
磯部和枝
藤本邦博
阪本満里子
中西剛
高津聖
鎌田信一郎
藤丸成正
阪本綾子
戸田広美

手満里
大浜組
隆一朗
ジジ
大浜組
アトリエ高槻
しゅふ
手満里

信用組合
アンチ巨人
うーちゃん
一希
手満里
ウマナミ
MACTWIST
フジエイ
フジエイ
手満里
ますじ
横綱
大関
関脇
関脇
小結
小結
小結
前1
前2
前3
前4
前5
前6
前7
前8
前9
前10
前11
前12
前13
前14
溝口浩

坂本多美子
北之馬邦子
嶋田眞義
佐藤靖子
出口豊
松岡廣行
中田浪路
園山和美
竹井幸代
中島美智代
石井忠夫
南聡
横川俊幸
白銀隆冶
頼富謙二
植田浩文
中根洋幸
藤原晴夫
真砂佳子
尾車

ちあき
つぼみ
プリモ
つぼみ
きゃばくら
ちあき
邦博
沙織
謙介
キャッツ
堺センイ
あや
小町
隆一朗
ニシコー
尾車
OT会
ふじわら
いるか
倉治関逆転で久々の優勝!部屋数:手満里4場所連続首位(6月)
今場所の倉治関(鯨部屋)は2日目に横綱のポイントをゲット。中盤に溝口関に逆転されるも、
終盤に再逆転し4場所ぶり、4度目の優勝を果たした。
溝口関(尾車部屋)は中盤にはトップを走るも、後半の攻めが甘く、優勝を逃した。
阪本関(手満里部屋)は高得点を連発し久々の大関の座を獲得した。
高橋関(大浜組)は3場所連続の関脇。坂本関(ちあき)は大関の素質を持ちながら、出場回
数が少なく関脇に甘んじた。村上関(隆一朗)は休場明けでいきなりの関脇。実力の持ち主だ。
北之馬関(つぼみ)は二度目の挑戦ながら高得点を出し関脇に。
【横綱2、大関1、関脇4、小結6、前頭28名、計41名】
部屋数では手満里が4名を輩出し、4場所連続首位。他は部屋が分散して、これと
いった部屋がなかった。
(東)文月場所ワンダー番付表(西)H14年6月1日〜30日
倉治秀和
磯部和枝
高橋郁夫
濱本淳
坂本多美子
阪本優子
武田忠博
植田修子
園山和美
上田聡
久恒良之
高槻昭
森中俊弥
松岡廣行
酒井ひろし
勝美成信
下口初子
出口豊
山田敏子

うーちゃん
大浜組
大浜組
ちあき
手満里
アンチ巨人
ジジ
沙織
手満里
トラッキー
アトリエ高槻
MDK
ちあき

COOK
来来
きゃばくら
おおとり
横綱
大関
関脇
関脇
関脇
小結
小結
前1
前2
前3
前4
前5
前6
前7
前8
前9
前10
前11
前12
溝口浩

酒井つきみ
松原雪枝
阪本綾子
久保新次
大石春美
岡直美
吉本ひさき
下口義宣
稲田博美
村田幸三
中野吉雄
石井忠夫
原田恭司
勝美ゆかり
嶋田眞義
鎌田信一郎
大城澄江
尾車


手満里
手満里
MACTWIST

手満里
無所属
来来
尚斗
沢口梨々子
フジエイ
堺センイ
大浜組
COOK
リモ
フジエイ
うさぎ

倉治関久々の連続優勝!部屋数:手満里5場所連続首位(7月)
倉治関(鯨部屋)は毎度の如く順調にポイントを重ね、危なげなく優勝。連続優勝は2度目。
溝口関(尾車部屋)は出足がかなり遅れ、横綱のポイントをGETしたものの優勝を逸す。
磯部関(うーちゃん部屋)は高得点を連発、2場所ぶりの大関の座を獲得した。
高橋関(大浜組)は実力を発揮し、4場所連続の関脇。酒井関(A)は二場所目の挑戦
ながら高得点を出し初の関脇に。濱本関(大浜組)も男性っぽい歌声で初の関脇。
松原関(手満里)も美声をうならせ、初の関脇。
坂本関(ちあき)は大関の実力を持ちながら出場回数が少なく、関脇に甘んじる。
阪本関(手満里部屋)は今場所頑張り、2年ぶり4度目の関脇になる。
【横綱2、大関1、関脇6、小結4、前頭24名、計37名】
部屋数では手満里が5名を輩出し、5場所連続首位。2位は大浜組で3名輩出。
(東)葉月場所ワンダー番付表(西)H14年7月1日〜31日
溝口浩
倉治秀和
藤岡裕子
阪本綾子
久保新次
高津聖
高橋郁夫
岸和田谷清美
植田修子
嶋田眞義
小主好美
勝美ゆかり
川向順子
勝美成信
出原満
永織雅章
石井忠夫
重久智子
詠田勲
松原栄
北村政信
井元真一
森中俊弥
尾車

リスパ
手満里
MACTWIST
MACTWIST
大浜組
おじょう
ジジ
プリモ
庄八
COOK
八剣伝
COOK
ひさみつ
美羽
堺センイ
大輝
タイガース
まっちゃん
手満里
ぴんく
MDK
横綱
横綱
大関
関脇
関脇
関脇
小結
小結
小結
前1
前2
前3
前4
前5
前6
前7
前8
前9
前10
前11
前12
前13
前14
阪本優子

園山和美
松原雪枝
坂本多美子
岡直美
酒井つきみ
高槻昭
向坂直恭
武田忠博
濱本淳
広瀬恵利子
酒井ひろし
横川悦子
出口豊
山岡秀昭
原田恭司
内田郁
松岡廣行
佐久川博登
山下希美子
大栗元博
寺田知香
手満里

沙織
手満里
ちあき
手満里

アトリエ高槻
RUSH
アンチ巨人
大浜組
末娘

えっちゃん
きゃばくら
旭青龍
大浜組
Bグループ
ちあき
手満里
705
手満里
ぱんだ
溝口関3場所ぶりの優勝!部屋数:手満里6場所連続首位(8月)
溝口関(尾車部屋)は2場所続けて賜杯を逃していたので、今場所は気合が入った。
100点を7回出すなど100ポイントを越すハイレベルの成績を残し、3場所ぶりの優勝。
阪本関(手満里部屋)は自己最多の100点を4回出し、堂々と横綱の座を獲得した。
倉治関(鯨部屋)はコツコツとポイントを重ね、通算36度目の横綱に。
藤岡関(リスパ部屋)は高得点を重ね3度目の大関の座を獲得。
園山関(沙織部屋)も高得点を連発し、3度目の大関。
阪本関(手満里)はマイペースながら高得点を出し4度目の関脇に。松原関(手満里)
は2場所連続の関脇。
久保関(MACTWIST)、坂本関(ちあき)、高津関(MACTWIST)は共に、実力を残し
ながら余裕の関脇。岡関(手満里)は三場所目の挑戦で高得点を出し初の関脇に。
【横綱3、大関2、関脇6、小結6、前頭28名、計45名】
部屋数では手満里が7名を輩出し、6場所連続首位。2位は大浜組で3名輩出。
(東)長月場所ワンダー番付表(西)H14年8月1日〜31日
溝口浩
倉治秀和
藤岡裕子
西村浩
岡直美
園山和美
嶋田眞義
松原雪枝
中野恵美子
向坂直恭
植田修子
梶川明子
山岡秀昭
森中俊弥
阪本満里子
磯部和枝
下口義宣
久保新次
北村政信
出原満
石井忠夫
高槻秀幸
阪本弓子
尾車

リスパ
大浜組
手満里
沙織
プリモ
手満里
百舌鳥
RUSH
ジジ
八剣伝
旭青龍
MDK
手満里
うーちゃん
来来
MACTWIST
手満里
305
堺センイ
アトリエ高槻
手満里
横綱
横綱
大関
関脇
関脇
関脇
小結
小結
小結
小結
前1
前2
前3
前4
前5
前6
前7
前8
前9
前10
前11
前12
前13
阪本優子

高橋郁夫
坂本多美子
阪本綾子
高槻昭
出口豊
岡田喜代江
上田聡
酒井つきみ
大石春美
勝美成信
堀内澄香
松岡廣行
小溝勝美
榊本優子
酒井ひろし
濱本淳
鴨井明子
下口初子
津川初子
中野祐子
柳本京子
手満里

大浜組
ちあき
手満里
アトリエ高槻
きゃばくら
みどり
手満里


COOK
花蓮
ちあき
手満里
RUSH

大浜組
ハウス
来来
手満里
百舌鳥
スージー
溝口関、追撃かわし連続優勝!部屋数:手満里7場所連続首位(9月)
溝口関(尾車部屋)は今場所出場回数が少なく、阪本関の執ような追い上げもあり、
優勝が危ぶまれたが、辛くも追撃をかわし連続V。
阪本関(手満里部屋)は自己新の100点を5回出すなど盛り上げ、優勝も手に届くと
ころまできたが、あと僅かのところで逃した。しかし堂々の横綱に。
倉治関(鯨部屋)はマイペースでポイントを重ね、通算37度目の横綱に。
藤岡関(リスパ部屋)は自己最多のポイントを稼ぎ、2場所連続の大関に。
高橋関(大浜組)はよく頑張り、昨年の弥生場所以来4度目の大関になる。
西村関(大浜組)は久々の大浜組復帰と共に高得点を出し、久々の関脇に。
坂本関(ちあき部屋)も高得点を出し、4場所連続の関脇。
岡関(手満里)はワンダー挑戦3場所目、2場所連続の関脇に。
阪本関(手満里)は3場所連続、6度目の関脇に。
園山関(沙織部屋)は先場所の大関から1ランクダウンで関脇に。
高槻関(アトリエ高槻)高得点を出し、今年春場所以来、9度目の関脇に。
【横綱3、大関2、関脇6、小結8、前頭26名、計45名】
部屋数では手満里が最高の10名を輩出し、7場所連続首位。2位は大浜組で3名輩出。
(東)秋場所ワンダー番付表(西)H14年9月1日〜30日
溝口浩
倉治秀和
嶋田眞義
高橋郁夫
上田聡
二瓶貴博
坂本多美子
寺田博
出口豊
阪本綾子
高槻昭
園山和美
山岡秀昭
松原雪枝
森中達弥
藤本邦博
吉水康浩
松岡廣行
森中俊弥
遠山千秋
尾車

プリモ
大浜組
手満里
手満里
ちあき
手満里
きゃばくら
手満里
アトリエ高槻
沙織
旭青龍
手満里
S−MX
一希
大浜
ちあき
MDK
いずみ
横綱
横綱
大関
関脇
関脇
小結
小結
小結
小結
前1
前2
前3
前4
前5
前6
前7
前8
前9
前10
前11
阪本優子


濱本淳
岡直美
矢倉幸治
植田修子
高柳和代
竹井幸代
高津聖
藤岡裕子
山口昌昭
阪本満里子
河原由美
中野恵美子
宮里真澄
石井忠夫
岡田喜代江
武田忠博
坂口景子
手満里


大浜組
手満里
大浜組
ジジ
三七会
謙介
MACTWIST
リスパ
大浜組
手満里

百舌鳥
三七会
堺センイ
みどり
アンチ巨人
溝口関、かろうじて連続優勝!部屋数:手満里8場所連続首位(10月)
溝口関(尾車部屋)は今場所も阪本関の追い上げに四苦八苦、僅か2ポイント差でかろ
うじて逃げ切り、新ワンダー番付での33度目の優勝を果たした。
阪本関(手満里部屋)は100点を7回、91ポイントを出し両方とも自己記録を更新。しかし
猛追も及ばず僅差で優勝を逃した。3場所連続の準優勝。
倉治関(鯨部屋)は毎度のごとくマイペースでポイントを重ね、通算38度目の横綱に。
嶋田関(プリモ部屋)は高得点を連発、自己最多のポイントを出し、初の大関に。
高橋関(大浜組)は頑張ったが、2ポイント足らず、先場所の大関から関脇にダウン。
濱本関(大浜組)は自己最多の6.1ポイントを出し、本年文月場所以来2度目の関脇に。
上田関(手満里)は自己最高の98点を出すなど関脇のポイントをクリアした。
岡関(手満里)は順調にポイントを重ね、3場所連続の関脇に。
【横綱3、大関1、関脇4、小結8、前頭22名、計38名】
部屋数では手満里が8名を輩出し、8場所連続首位。2位は大浜組で4名輩出。
(東)霜月場所ワンダー番付表(西)H14年10月1日〜31日
溝口浩
倉治秀和
藤岡裕子
高橋郁夫
嶋田眞義
村上理恵
磯部和枝
高津聖
濱本淳
阪本綾子
中野恵美子
上野久代
桐原洋子
奥村智昌
松岡廣行
二瓶貴博
松原雪枝
石井忠夫
森川登志子
尾車

リスパ
大浜組
プリモ
隆一朗
うーちゃん
MACTWIST
大浜組
手満里
百舌鳥
ひさみつ
青い鳥
百舌鳥
ちあき
手満里
手満里
堺センイ
としこ
横綱
大関
大関
関脇
関脇
関脇
小結
小結
前1
前2
前3
前4
前5
前6
前7
前8
前9
前10
前11

阪本優子

坂本多美子
岡直美
向坂直恭
阪本満里子
園山和美
出口豊
山岡秀昭
拝藤幸子
植田修子
竹井幸代
上田聡
森中俊弥
中野祐子
高槻昭
友井亜紀
三田幸恵

手満里

ちあき
手満里
堺化学
手満里
沙織
きゃばくら
風俗の鬼
かれん
ジジ
謙介
手満里
MDK
百舌鳥
アトリエ高槻
鳴門
夜の蝶
溝口関、余裕のV34!部屋数:手満里9場所連続首位(11月)
溝口関(尾車部屋)は今場所は初日からとばし、1日で横綱のポイントを獲得。ワンダ
ー番付史上最短の記録を更新し、余裕のV34。
倉治関(鯨部屋)は溝口関の勢いに押されたのか、ポイントをセーブし、大関に降格。
阪本関(手満里)も100点が1回だけと、先場所の勢いが無く、ペースダウンで大関に。
藤岡関(リスパ)は相変わらずテクニシャンで、高得点を連発して大関に復帰した。
高橋関(大浜組)はマイペースでポイントを稼ぎ出し、先場所に続き関脇に。
坂本関(ちあき)は順調な滑り出しで2場所目ぶりに関脇復帰した。
嶋田関(プリモ部屋)は高得点を出すも、ポイントが足らず先場所の大関から関脇に。
岡関(手満里)は順調にポイントを重ね、4場所連続の関脇に。
村上関(隆一朗)は本年5月以来、半年ぶりに関脇に復帰した。
向坂関(堺化学)は久しぶりの登場で関脇のポイントをゲットした。
【横綱1、大関3、関脇6、小結4、前頭22名、計36名】
部屋数では手満里が7名を輩出し、9場所連続首位。2位は百舌鳥で3名輩出。
(東)冬場所ワンダー番付表(西)H14年11月1日〜30日
阪本優子
磯部和枝
高橋郁夫
坂本多美子
出口豊
岩田知子
高津聖
高田江美
佐々木久美子
勝美ゆかり
増田桂子
阪本満里子
森中俊弥
木野早苗
衣笠元紀
藤本邦博
高槻昭
益田明子
濱本淳
泉京子
佐久川博登
柳本京子
MACTWIST
夢子
大浜組
ちあき
きゃばくら
がんちゃん
MACTWIST
来来
手満里
cook
スポーツC
手満里
MDK
早苗
とそうや
一希
アトリエ高槻
MACTWIST
大浜組
まゆ
手満里
スージー
横綱
大関
関脇
関脇
関脇
小結
小結
前1
前2
前3
前4
前5
前6
前7
前8
前9
前10
前11
前12
前13
前14
前15
溝口浩
倉治秀和
藤岡裕子
岡直美
向坂直恭
矢倉幸冶
吉水康浩
木野賢史
植田修子
阪本綾子
勝美成信
松原雪枝
酒井つきみ
上田聡
武田忠博
嶋田眞義
小浦勝美
森中達弥
松岡廣行
渡辺忠雄
東浦秀行
中谷利恵
尾車

フリー
手満里
堺化学
大浜組
大浜
早苗
ジジ
手満里
cook
手満里

手満里
アンチ巨人
プリモ
手満里
S−MX
ちあき
ひーちゃん
住友金属
プリン
阪本関、久々の優勝!部屋数:手満里10場所連続首位(12月)
阪本関(MACTWIST)は初日から100点を連発するなど、好調をそのまま千秋楽まで
持続し、2度目の優勝を果たした。横綱は5度目。
溝口関(尾車部屋)は2日目に44ポイントを稼ぎ、早々と横綱のポイントをGETしたが、
後半、攻めが甘くVを逸した。
磯部関(夢子部屋)94点を3度出すなど高得点を連発、横綱のポイントに迫る成績を残
し、高水準の大関となる。
倉治関(鯨部屋)今場所も手綱を緩めた戦いぶりで大関に甘んじた。
高橋関(大浜組)はコツコツとポイントを重ね、今場所も関脇に。
藤岡関(フリー)、坂本関(ちあき)は1日だけのチャレンジにもかかわらず高得点を
出し、関脇に。岡関(手満里)はマイペースの攻めで、5場所連続の関脇に。
出口関(きゃばくら)は昨年5月・皐月場所以来の関脇に。
向坂関(堺化学)は97点の高得点を出すが後が少なく関脇に。
【横綱2、大関2、関脇6、小結4、前頭30名、計44名】
部屋数では手満里が8名を輩出し、10場所連続首位。MACTWISTは阪本関の勧誘に
成功、3名で2位。大浜組も3名輩出し同率2位。
(東)初場所ワンダー番付表(西)H14年12月1日〜30日
溝口浩
藤岡裕子
嶋田眞義
磯部和枝
高橋郁夫
出口豊
吉水康浩
播村淳
植田修子
岡直美
山崎求
西村浩
吉岡勝美
松岡廣行
久恒良之
竹井幸代
上薗敏雄
秋月精華
高槻昭
佐野祐子
村上悦子
山崎慶次
浅尾耕司
大中宏良
尾車
フリー
プリモ
夢子
大浜組
きゃばくら
大浜
久保田
ジジ
手満里
アトリエ高槻
大浜組
タカ
ちあき
ひーちゃん
謙介
大浜組
ひさみつ
アトリエ高槻
きらら
隆一朗
アトリエ高槻
将真
やしろ
横綱
大関
大関
関脇
関脇
関脇
小結
小結
小結
前1
前2
前3
前4
前5
前6
前7
前8
前9
前10
前11
前12
前13
前14
前15
倉治秀和
坂本多美子

阪本優子
上野久代
近藤浩紀
久保新次
戸口恵子
田名ひとみ
藤本邦博
村上理恵
村田幸三
高田江美
石井忠夫
興梠由美
福田孝子
中野猛
大石春美
藤田正一
吉水純一
森中俊弥
菅原成信
矢倉幸冶
松林静子

ちあき

手満里
ひさみつ
グランブルー
MACTWIST
八王子
そのまんま瞳
一希
隆一朗
沢口梨々子
来来
堺センイ
うさぎ
タカ
やしろ

ひーちゃん
大浜
MDK
cook
大浜組
寿
溝口関、返り咲きV!部屋数:大浜組24場所ぶりの首位(1月)
溝口関(尾車部屋)は20日迄顔を見せず、「休場か?」とワンダーファンの気をもませた
が、21日目に登場した。その後の28日の二日間だけの出場で優勝を賜杯を手にした。
倉治関(鯨部屋)今場所は気合を入れて挑戦し、3場所ぶり、39度目の横綱になった。
藤岡関(フリー)はあくなき挑戦で多数の高得点を出し、大関のポイントをゲットした。
坂本関(ちあき)は高得点を連発し、一昨年の冬場所以来、13場所ぶりの大関復帰。
嶋田関(プリモ)は自身初の100点を出し、3場所ぶりの大関となった。
磯部関(夢子)は高得点を出し、大関にあと僅かのところまで迫る勢いだった。
阪本関(手満里)今場所はあまりふるわず優勝争いから遠ざかり、関脇にとどまった。
高橋関(大浜組)はポイントを気にせずに唄ったが、今場所も関脇に。
上野関(ひさみつ)は昨年春場所の大関以来9場所ぶりの3役で関脇に。
出口関(きゃばくら)は先場所に続いて関脇に。近藤関(グランブルー)は初のチャレン
ジながら、高得点を重ね、関脇になる。
【横綱2、大関3、関脇6、小結6、前頭30名、計47名】
部屋数では大浜組が4名を輩出し、24場所ぶりの首位。アトリエ高槻は若手、山崎関
のを投入し、3名で初の2位に入賞。
(東)如月場所ワンダー番付表(西)H15年1月3日〜31日
溝口浩
磯部和枝
岡直美
藤岡裕子
西村浩
興梠由美
阪本綾子
立野真由美
坂本多美子
橋本住子
上野久代
河本美智子
酒井ひろし
戸口恵子
藤本邦博
上田聡
河本憲一
森中達弥
木谷明星
田中秀樹
吉水純一
松原雪枝
出口豊
吉本千佳
尾車
桐子
手満里
フリーター
大浜組
うさぎ
手満里
将真
ちあき
泰ちゃん
ひさみつ
泰ちゃん

八王子
一希
手満里
泰ちゃん
S−MX
MACTWIST
年男
大浜
手満里
きゃばくら
ジョージ
横綱
大関
大関
関脇
関脇
関脇
関脇
小結
小結
小結
小結
前1
前2
前3
前4
前5
前6
前7
前8
前9
前10
前11
前12
前13
倉治秀和
阪本優子

酒井つきみ
近藤浩紀
高橋郁夫
久保新次
村上理恵
田名ひとみ
濱本淳
山岡秀昭
松岡廣行
高津聖
菅原成信
嶋田眞義
阪本満里子
梶川明子
村田幸三
清水教永
植田修子
川畑康雄
石井忠夫
岡崎一郎
敷島絵里子

手満里


グランブルー
大浜組
MACTWIST
隆一朗
そのまんま瞳
大浜組
風俗の鬼
ちあき
MACTWIST
cook
プリモ
手満里
貴乃花
沢口梨々子
手満里
ジジ
あい炭屋
堺センイ
小梅
えり
溝口関、低調もきっちりV!部屋数:手満里首位奪還(2月)
溝口関(尾車部屋)は今場所、低調ながらもポイントを重ね36回目の優勝を果たした。
倉治関(鯨部屋)もぎりぎりのラインで辛うじて横綱のポイントをGET。横綱は40回目。
磯部関(桐子部屋)は次々と高得点を連発し、余裕で大関になる。大関は18回目。
阪本(優)関(手満里)100点を出すも後が続かず大関にとどまる。
岡関(手満里)は出場回数を増やしなどよく頑張り、初の大関になる。
藤岡関(フリーター)、酒井関(A)、西村関(大浜組)の3名は高得点を連発して大関に
手が届くところまできたが、惜しくも関脇に甘んじた。
近藤関
(グランブルー)と興梠関(うさぎ)は共に自己最多の9.2ポイントを稼ぎ関脇に。
高橋関(大浜組)は相変わらずマイペースで挑戦、今場所も関脇に。
阪本(綾)関(手満里)は昨年9月以来5場所ぶりの7回目の関脇に。
久保関(MACTWIST)は軽く唄ってポイントを重ね関脇になる。
【横綱2、大関3、関脇8、小結8、前頭26名、計47名】
部屋数では手満里が7名を輩出し首位を奪還した。大浜組、泰ちゃん、MACTWIST
共に3名輩出し2位に入賞。
(東)弥生場所ワンダー番付表(西)H15年2月1日〜28日
倉治秀和
阪本優子
嶋田眞義
坂本多美子
村上理恵
和泉渉
大森真由美
高橋郁夫
高槻昭
高津聖
上野久代
佐々木久美子
菅原成信
浅川隆
森中達弥
浅尾耕司
高田江美
池山良信
吉水純一
藤本邦博
上田由佳

手満里
プリモ
ちあき
隆一朗

将真
大浜組
アトリエ高槻
MACTWIST
ひさみつ
手満里
cook
ズチャーチャ
S−MX
将真
来来
我孫子
大浜
一希
ハッピー
横綱
大関
大関
関脇
小結
小結
小結
前1
前2
前3
前4
前5
前6
前7
前8
前9
前10
前11
前12
前13
前14
溝口浩
藤岡裕子
阪本満里子
近藤浩紀
太田恵子
興梠由美
酒井恵美
河端康雄
植田修子
久保新次
岡直美
間仁田清志
磯部和枝
石井忠夫
松岡廣行
阪本綾子
吉岡勝美
弓本浩之
佐野祐子
福岡孝子
久保田真子
尾車
フリーター
手満里
グランブルー
我孫子
うさぎ
裕哉
あい炭屋
ジジ
MACTWIST
手満里
たらふく
桐子
堺センイ
ちあき
手満里
タカ
BETH
きらら
タカ
乙女座
倉治関6度目の優勝!部屋数:手満里連続首位(3月)
倉治関(鯨部屋)地道ながらポイントを重ね、昨年7月以来、6度目の賜杯を手にした。
溝口関(尾車部屋)今場所も低調で、辛うじて横綱のポイントをGETも優勝を逃した。
阪本(優)関(手満里部屋)今場所も100点を1回と高得点連発したが押しが足らず、
大関にとどまった。
藤岡関(フリーター部屋)今場所は順調な滑り出しで最後まで好調を維持。7度目の
大関に。
嶋田関(プリモ部屋)98点、96点95点等高得点を連発、2場所ぶり、3度目の大関復帰。
阪本(満)関
(手満里部屋)初めて100点を出す等絶好調で1日の挑戦で初大関。阪本
優関とは初の親子大関になった。
坂本関
(ちあき)得意の曲で高得点を出し、関脇に。
近藤関
(グランブルー)はワンダー番付デビュー以来3場所連続の関脇。
【横綱2、大関4、関脇2、小結6、前頭28名、計42名】
部屋数では手満里が5名を輩出し2場所連続の首位。後は2名以下でふるわず。
(東)春月場所ワンダー番付表(西)H15年3月1日〜31日
倉治秀和
藤岡裕子
磯部和枝
上野久代
東村浩
下口義宣
酒井つきみ
出口豊
岡直美
下口初子
和泉渉
蔡暁帆
嶋田眞義
下口恵美
高津聖
酒井ひろし
村上理恵
阪本綾子
久恒良之
秋月精華
勝美茂之
柴田衣里子

フリーター
夢子
ひさみつ
大浜組
来来

きゃばくら
手満里
来来

暁月
プリモ
来来
MACTWIST

隆一朗
手満里
ひーちゃん
ひさみつ
現代人
赤福
横綱
大関
大関
関脇
関脇
小結
小結
小結
小結
前1
前2
前3
前4
前5
前6
前7
前8
前9
前10
前11
前12
前13
溝口浩
阪本優子

高橋郁夫
森中達弥
竹井幸代
近藤浩紀
太田恵子
田名ひとみ
松原雪枝
浅川隆
梶川明子
浅江正和
武田忠博
小溝勝美
濱本淳
山岡秀昭
米田文夫
土井秀紀
村上悦子
熊取谷太一
松井彰子
尾車
手満里

大浜組
S−MX
謙介
グランブルー
我孫子
そのまんま瞳
手満里
ズチャーチャ
バーブ
N・P
アンチ巨人
手満里
大浜組
風俗の鬼
手満里
トワイライト
隆一朗

はーと
倉治関3度目の連続優勝!部屋数:手満里3連続首位(4月)
倉治関(鯨部屋)前半休戦状態も、土壇場に大ブレークし3度目の連続優勝した。
溝口関(尾車部屋)今年は不調が続き、横綱のポイントをGETするのが精一杯だった。
藤岡関(フリーター部屋)は頑張り、横綱まであと5ポイントのところまで迫った。
阪本(優)関(手満里部屋)今場所も100点を2回出すも出場回数少なく大関にとどまる。
磯部関(夢子部屋)地道に高得点を重ね2場所ぶり、19回目の大関になる。
上野関
(ひさみつ)高得点を重ね、3場所ぶりの関脇復帰。
高橋関
(大浜組)、東村関(大浜組)共にマイペースに取り組み関脇に。
森中関
(S−MX)は実力の持ち主だが新ワンダー番付では初の関脇。
【横綱2、大関3、関脇4、小結8、前頭26名、計43名】
部屋数では手満里が6名を輩出し3場所連続の首位。大浜組・来来は3名で同率2位。
(東)皐月場所ワンダー番付表(西)H15年4月1日〜30日
藤岡裕子
坂本多美子
岡直美
森中達弥
阪本優子
小溝勝美
植田修子
三上まゆみ
高橋郁夫
戸口恵子
園山和美
松原雪枝
和泉渉
孫蔚
篠原賢三
関沢荘太郎
平田東徹
柴田衣里子
高津聖
柴田徹
嶋田好比古
下地照美
原田理乃
フリーター
ちあき
手満里
S−MX
手満里
手満里
ジジ
りの
大浜組
八王子
沙織
手満里

ぶいぶい
阿保
YOKO
テツ
赤福
MACTWIST
藤吉
龍神会
宮古島
りの
大関
関脇
関脇
小結
小結
小結
小結
前1
前2
前3
前4
前5
前6
前7
前8
前9
前10
前11
前12
前13
前14
前15
前16
倉治秀和
浅江正和
山本由美
近藤浩紀
山岡秀昭
稲田博美
稲田伸恵
平塚真己
衣笠元紀
石井忠夫
嶋田眞義
蔡暁帆
王傑峰
横川悦子
奥中恭子
田中秀樹
藤本邦博
浅川隆
住吉晃一
吉岡勝美
稲田尚斗
稲田龍也
岸早苗

N・P
ぱじぇろ
グランブルー
風俗の鬼
ウルトラマン
ウルトラマン
ダイケイ
しづよ
堺センイ
プリモ
ぶいぶい
ぶいぶい
ないす
コレクション
シティ
一希
ズチャーチャ
藤吉
タカ
ウルトラマン
ウルトラマン
すまいる
史上初、横綱不在場所!部屋数:手満里、ウルトラマンが首位(5月)
今場所はワンダー番付史上初めて横綱不在の厳しい場所となった。
藤岡関(フリーター部屋)は18ポイントを獲得し、大関ながら番付のトップに踊り出た。
倉治関(鯨部屋)序盤に高得点連発も、中盤の休場が響き、大関に留まった。
坂本関(ちあき部屋)2場所ぶりの出場も、順調に星を伸ばし、関脇の座を獲得。
浅江関(N・P部屋)は初出場の先場所が前4、今場所は大飛躍の関脇に昇進した。
岡関(手満里部屋)いつもながらマイペースで挑み、6度目の関脇になる。
山本関
(ぱじぇろ部屋)はコツコツとポイントを重ね2度目の関脇に。
【横綱0、大関2、関脇4、小結8、前頭32名、計46名】
部屋数では手満里と尚斗から改名したウルトラマンが4名を輩出し同率首位に。
ぶいぶいは3名輩出して3位になる。
(東)夏場所ワンダー番付表(西)H15年5月1日〜31日
溝口浩
藤岡静
上田聡
浅江正和
竹井幸代
小笠原美紗里
阪本優子
高橋郁夫
太田恵子
上野久代
森中俊弥
吉岡勝美
和泉渉
藤本邦博
藤原英明
野崎建伯
森中達弥
嶋田眞義
池山良信
谷さくら
矢倉幸冶
秋月精華
浅尾耕司
藤井徹也
尾車
フリーター
手満里
N・P
謙介
たね
手満里
大浜組
我孫子
久代
MDK
タカ

一希
H・T
手満里
S−MX
プリモ
我孫子
SF−7
大浜組
久代
将真
てつ
横綱
大関
関脇
関脇
関脇
関脇
小結
小結
前1
前2
前3
前4
前5
前6
前7
前8
前9
前10
前11
前12
前13
前14
前15
前16
倉治秀和
浅尾真由美
磯部和枝
坂本多美子
阪本綾子
近藤浩紀
向坂直恭
高津聖
山本由美
村田幸三
松原雪枝
橋本住子
久恒良之
井元真一
園山和美
松岡廣行
植田修子
嶋田好比古
石井忠夫
吉水純一
高田江美
高橋冶良
松野里実
高原啓子

将真
夢子
ちあき
手満里
グランブルー
ステラ
MACTWIST
ぱじぇろ
沢口梨々子
手満里
泰ちゃん
ひーちゃん
ぴんく
沙織
ちあき
ジジ
龍神会
堺センイ
大浜
来来
三宝
しのぴー
あじさい
復帰・溝口関37回目の優勝を果たす。部屋数:手満里5連続首位(6月)
溝口関(尾車部屋)は前半不調ながらも、後半には本来の実力を取り戻し37回目の
優勝を果たした。
倉治関(鯨部屋)も前半は力を出しきらず、今場所も横綱があやぶまれたが、後半に
高得点を連発し横綱復帰した。
藤岡関(フリーター部屋)は自己2番目の高得点(23ポイント)で10回目の大関に。
浅尾関(将真部屋)3場所ぶりの出場も、高得点を連発、初の大関の座を獲得。
上田関(手満里部屋)は98点を出し大関を狙えるも、後が続かず関脇に留まる。
磯部関(夢子部屋)は前半絶好調も後半休場で関脇に。
浅江関(N・P部屋)は初出場の先場所が前4、今場所は大飛躍の関脇に昇進した。
坂本関(ちあき部屋)は点数を気にせずマイペースで挑戦し、関脇をGET。
竹井関
(謙介部屋)は後半にポイントを重ね初めての関脇に。
阪本関(手満里部屋)は今場所は調子がよく4場所ぶりの8回目の関脇に。
小笠原関(たね部屋)は初出場で最年少(14歳・念の為、両親付き添い)の関脇に。
近藤関(グランブルー部屋)は2場所ぶり、4度目の関脇に。
【横綱2、大関2、関脇8、小結4、前頭32名、計48名】
部屋数では手満里が5名を輩出し5連続首位をキープ。他は突出した部屋はなし。
(東)文月場所ワンダー番付表(西)H15年6月1日〜30日
溝口浩
藤岡静
浅江正和
向坂直恭
近藤浩紀
酒井つきみ
元土肥勇介
高橋郁夫
岡直美
和泉渉
木地絵里香
小溝勝美
宮本冶秀
平塚真己
上野久代
小栗健二
川和田剛志
小西康子
阪本満里子
松岡廣行
植田修子
酒井ひろし
川端八生
尾車
グランブルー
N・P
ステラ
グランブルー

グランブルー
大浜組
手満里

しげぴー
手満里
グランブルー
ダイトク
久代
グランブルー
やよい
グランブルー
手満里
ちあき
ジジ

阪神命
横綱
横綱
大関
関脇
関脇
小結
小結
小結
小結
前1
前2
前3
前4
前5
前6
前7
前8
前9
前10
前11
前12
前13
前14
倉治秀和


坂本多美子
井元真一
園山和美
阪本優子
山本由美
志波政宏
奈良木洋一
出口豊
田名ひとみ
久保新次
勝見ゆかり
森中俊弥
横川俊幸
勝見茂之
三好康人
木谷明星
久恒良之
嶋田眞義
上山武明
徳永怜子



ちあき
ぴんく
沙織
手満里
ぱじぇろ
グランブルー
ぱじぇろ
グランドビル
そのまんま瞳
MACTWIST
しげぴー
MDK
小町
しげぴー
グランブルー
手満里
ひーちゃん
プリモ
阪神子
すみれ
溝口関、速攻でV38。部屋数:グランブルー、当番付を席巻!初首位(7月)
溝口関(尾車部屋)は初日にいきなり100点2連発など計4本出し速攻で横綱の座
をGET。その後も高得点を重ね久々の100ポイント超過で38回目の賜杯を手にした。
倉治関(鯨部屋)は地道に高得点を重ね、千秋楽間際に横綱のポイントを取得。
藤岡関(グランブルー部屋)は部屋を一時移籍など環境を変えチャレンジ、自己最多
のポイントを稼ぎ、初の横綱になる。
浅江関(N・P部屋)は今年の春場所の初登場以来あくなき挑戦を続け、4場所目で
初の大関の座を獲得。
向坂関(ステラ)は素晴らしい歌唱で得点を重ね、昨年冬場所以来の関脇。
坂本関(ちあき)は今場所も得意技で挑戦し、関脇の座を守る。
近藤関(グランブルー)は都合により7月からの休場は確実。ファンから惜しまれなが
らも着実にポイントを重ね5度目の関脇に。
井元関(ぴんく)は途中休場もあったが、今場所は頑張り16ヶ月ぶりの関脇となる。
【横綱3大関1、関脇4、小結8、前頭28名、計44名】
部屋数ではグランブルーが藤岡関のレンタル移籍や初出場者を5名登場させるなど
計8名を輩出。初の首位を獲得。2位は5名輩出の手満里。3名輩出のしげぴー
3位に名を連ねた。
BACK NEXT
Tigersトップページ カラオケコーナー・トップに戻る 愛netコミュニティ