<2017年クライマックス・シリーズの戦績>

10/14DeNA1(甲子園)メッセンジャー6回0失点志願の先陣飾る福留,均衡破る決勝2ラン大和,唯一マルチH糸井,V弾お膳立て虎,継投ズバリ
阪神打線
選手名 通算率
(中) 俊介 .000
(二) 上本 .500
森越 ---
(右) 糸井 .333
(左) 福留 .250
(一) 大山 .250
(三) 鳥谷 .250
(遊) 大和 .500
(捕) 梅野 .000
(投) メッセンジャー .500
計    32 2   8 2  .250   1
Den  000 000 000|0
阪神 000 002 00X|2
勝・メッセンジャー1勝0敗
S・ドリス        1S

敗・井納     0勝1敗
対D・阪神1勝0敗
▽本塁打 福留1号②(井納)
▽盗塁 江越(7回)
▽今日のMEP受賞 福留①6回に決勝2ランを放つ。
          メッセンジャー①6回0失点の好投で勝利導く。
阪神がファイナルステージ進出に王手をかけた。阪神は0-0のまま迎えた6回裏、福留の
2ランで先制する。投げては、先発・メッセンジャーが6回無失点。その後はマテオ、桑原、
ドリスの継投で完封リレーを飾った。敗れたDeNAは、打線が4安打と振るわなかった。
阪神投手
責任 選手名 回数 打者 球数 安打 三振 四死 失点 自責 通算防御
メッセンジャー 20 106 0.00
マテオ 14 0.00
桑原 24 0.00
ドリス 10 0.00
10/15DeNA2(甲子園)秋山3回2失点リード守れず大山4安打3打点の大奮闘も俊介,今永から先制打梅野1打点超早め継投裏目,桑原6失点
阪神打線
選手名 通算率
(中右) 俊介 .111
(二) 上本 .286
坂本 ---
(右) 糸井 .200
走中 江越 .000
(左) 福留 .222
植田 ---
(一) 大山 .556
(三) 鳥谷 .250
(遊) 大和 .429
(捕) 梅野 .000
打二 糸原 .500
(投) 秋山 .000
33 10 .277
Den  002 020 603|13
阪神 021 001 200|6
勝・三上   1勝0敗
敗・桑原   0勝1敗
対D・阪神1勝1敗
▽本塁打 大山1号(今永)乙坂1号③(桑原)
▽盗塁 柴田(2回)
DeNAがファーストステージ突破に逆王手をかけた。DeNAは1点を追う5回表、ロペスの
犠飛と宮崎の適時打で逆転に成功する。その後は同点を許すも、7回に筒香の適時打や
代打・乙坂の3ランなどで一挙6点を勝ち越した。敗れた阪神は、5番手・桑原が誤算だった。
阪神投手
責任 選手名 回数 打者 球数 安打 三振 四死 失点 自責 通算防御
  秋山 14 62 6.00
  岩崎 1 1/3 30 13.50
  石崎 0 1/3 14 0.00
  高橋 1 1/3 13 0.00
桑原 0 1/3 29 40.50
  藤川 1 2/3 22 0.00
  マテオ 35 13.
10/17DeNA3(甲子園)能見1回途中3失点1回もたずプロ最短KO大山2安打1打点,CSで13の7&4打点上本2安打藤浪2回0封岩崎1回3失点

阪神打線

選手名 通算率
(中) 俊介 .077
(二) 上本 .364
(右) 糸井 .125
(左) 福留 .231
(一) 大山 .538
(三) 鳥谷 .250
(遊) 大和 .375
植田 1.000
江越 .000
高山 .000
(捕) 坂本 .000
中谷 .000
(投) 能見 ---
打遊 糸原 .400
Den  300 300 000|6
阪神 000 001 000|1
勝投手:ウィーランド1勝0敗
敗投手:能見    0勝1敗
対D・阪神1勝2敗
▽本塁打 ロペス1号②(岩崎)
DeNAが2年連続のファイナルステージ進出を決めた。DeNAは初回、ロペスと嶺井の
適時打で3点を先制する。その後は4回表に、梶谷の適時打とロペスの2ランでリードを
広げた。投げては、先発・ウィーランドが7回1失点の好投。敗れた阪神は、先発・能見が
誤算で、打線もつながりを欠いた。 
 阪神投手
責任 選手名  回数 打者 球数 安打 三振 四死 自責 通算防御
 ● 能見 0 1/3 37 81.00
  石崎 2 2/3 10 43 0.00
  岩崎 22 19.29
  藤川 11 0.00
  藤浪 28 0.00
  高橋 12 0.00
  ドリス 17 0.00
週刊トップページ
Tigersトップページ
愛netコミュニティ